マットレスとベッドは別々に調達する方が腰痛対策をしやすい2つの理由

寝具を選びなおすことによって腰痛に対策できることが知られるようになってきました。

寝具の中でも腰に影響が大きいのがマットレスだと言われていますが、ベッドと一緒に買っている人も多いでしょう。

ただ、腰痛対策を考えるなら別々に調達するのが良いので、その理由を紹介します。

マットレスもベッドも体に合っている方が良いから

マットレスとベッドはセットで販売されていることが多いので、新調するときにはまとめて購入してしまうことが多いでしょう。

安上がりになるというのは確かですが、腰痛対策をするなら別々に調達した方が自分の体に合っている組み合わせにできるメリットがあります。

この点についてどのくらい腰痛対策に活かせるのかを詳しく考えてみましょう。

マットレスが合っていないと生じる問題

マットレスが体に合っていないと腰痛になりやすいというのはよく話題に上っているので知っている人も多いでしょう。

マットレスが合っていないと腰に余計な負担がかかってしまいやすいのが問題点です。

マットレスの硬さや柔らかさと反発の強さがちょうど良いくらいになっていると快適に眠れるだけでなく、腰の負担も軽減されます。

体重や体格によってどのくらいの硬さが適しているか、反発力がどのくらいあれば良いかは異なります。

また、既に腰痛に悩まされている状況か、これから腰痛になるのを懸念して予防したい状況かによっても最適なバランスは違います。

そのため、マットレスは一人一人が自分に合っているものを選び出すことが必要なのです。

また、マットレスの通気性ついても快適さに影響を与えるので注意が必要になります。

通気性が悪くて蒸れてしまうのが不快でよく眠れず、無理な姿勢になってしまって腰を痛めるというケースもあります。

逆に通気性が良くて寒いために腰が冷えてしまって痛くなることもあるので適度なものを選ぶことが重要です。

参考にしたページ>>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷き布団ランキングベスト

ベッドが合っていないと生じる問題

ベッドが体に合っていない場合にも腰痛を引き起こすことがあります。

よく問題になるのがサイズが合っていないことで、足がはみ出てしまっていると足が下に引っ張られる状況で寝ることになって腰に負担がかかります。

横幅が足りていなくて寝返りを打てないという場合にもずっと姿勢が固定されてしまう影響で腰が凝り固まってしまいがちです。

きちんと自分に合ったサイズのベッドにすることで腰をいたわることができるのです。

ベッドとマットレスの両方が同時に合うことは少ない

ベッドとマットレスはそれぞれ重要なのは確かですが、セットで買ってしまうとどちらか一方が合わないことがよくあります。

一般的な人に合う組み合わせにしてあるのできっと大丈夫だろうと思ってセットで買う人が多いのは確かです。

しかし、体格や腰の状態などが他の人と違う影響で、自分には適して組み合わせではないということも多いので注意が必要です。

相乗効果のある組み合わせを選べる

マットレスとベッドをそれぞれ選んで自分に合ったものにできるだけでなく、相乗効果のある組み合わせを選べるのも別々に調達するメリットです。

これが腰痛対策になるのはなぜなのかを理解しておきましょう。

ベッドがマットレスの性質を変化させることがある

腰に直接的に大きな影響を及ぼすのはマットレスですが、マットレスの性質をベッドが変化させることがあります。

ベッドにクッション性があるとマットレスの形状変化の様子が変わってしまいます。

それがクッション性を高めて腰への負担を軽減するのにつながることもありますが、逆に体が深く沈み込むようになってしまって負担を大きくすることもあるでしょう。

良い効果になるかどうかはケースバイケースですが、組み合わせ次第でより腰痛になる不安がない寝具を整えられる可能性があるのです。

通気性や保温性の相乗効果や相補効果がある

冷え性の人にとって特に注目した方が良いのが通気性や保温性についての相乗効果や相補効果です。

マットレスは種類によって通気性にかなり違いがあり、夏の暑さや冬の寒さを大きく左右します。

ベッドの選び方によってその性質を大きく変えることができます。

例えば、高反発マットレスは腰痛対策に良い反発性を持っていますが、通気性が高くて腰が冷えやすいのが問題です。

ベッドもワイヤーフレームにしてしまうとさらに通気性が高くて腰が著しく冷えてしまうでしょう。

しかし、収納としても使えるようにベッドの内部がしっかりと詰まっているものを選べば保温性があるので冷えを軽減できます。

このような組み合わせ方によって個々のマットレスの問題点を改善できるのはベッドとマットレスを別々に調達するメリットです。

なかなかベストと言えるマットレスがなくて困っているときにはベッドとの相乗効果や相補効果に着目するのがおすすめです。

まとめ

ベッドとマットレスはセットで買うと安いのは確かですが、両方が体に合っていることはあまりありません。

組み合わせ方によって相乗効果や相補効果が得られることもあるので、腰痛対策に最適な組み合わせを選ぶために別々に調達しましょう。